なぜ妊活には葉酸サプリが必要なのか

妊活と葉酸サプリ
妊娠を希望する男女には、厚生労働省からも一日400μg葉酸サプリを摂取することが推奨されています。妊娠初期に葉酸サプリを摂取することによって、胎児の正常な成長が促進されます。

それだけではなく、妊娠初期の適量の葉酸摂取が胎児の先天性奇形である神経管閉鎖障害のリスクを大幅に減少させることが各国の調査や研究で明らかになっています。

妊活中から葉酸サプリを摂取することによって、妊娠するタイミングに間に合わなくなってしまうこともなくなり、妊娠前に妊娠の準備をしておくという意味もあります。

では、なぜ葉酸をサプリメントとして摂取することが推奨されているのか?実は葉酸は比較的ありふれた栄養素であるということもできます。普段から摂取しているほうれん草やバナナやレバーなどにもかなり葉酸は含まれています。

しかし、これらの食品から摂取している葉酸量は平均的には240μg程度であり、妊娠初期に必要として推奨されている葉酸量の400μgから見れば全く足りていないことになるのです。そこで、妊娠初期に必要とされる葉酸量を補充するために葉酸サプリが推奨されています。

食品から摂取する葉酸を増やせば推奨されている葉酸量を満たすのではないかということは考えられます。

しかし、食品に含まれている葉酸は食品として口から取っても50%程度しか体内に吸収されないことと、熱に弱いので調理過程で破壊されやすいという大きな弱点をもっています。

食品から推奨されている葉酸量を取ることはかなりたくさんの食品を取らなければならないことと、確実に必要量が取れているかどうかわかりにくいことが言えるのです。

それと比べると葉酸サプリに含まれている葉酸は消化吸収がされやすくなっていますから、確実に必要な葉酸量を摂取することができるのです。

それに葉酸サプリには葉酸の働きを助けてくれる効果が確認されているビタミンB12を同時に含んでいることが多いことも考慮されていいでしょう。